2018/02/19

日本語にあるのにフランス語に無い形容詞

アンサンブルフランス語講師のMatthieuです。


フランス語の面白いところをご紹介したいと思います。

詳しく言えば、先日「“安い“はフランス語で何というの」
と聞かれたことをきっかけに、
この度日本語にあるのにフランス語に無い形容詞について
述べようと思います。


さて、不思議ではないでしょうか。
フランス語では(値段が)「高い」があるのに「安い」はないし、
「深い」があるものの「浅い」もありません。
なぜなのかは知りませんが、気になってしょうがなかったので、
これらの言葉について調べたことがあります。

「安い」に関しては、現代フランス語にはないですが、
昔はあったということが分かりました。
「高い」は「cher」というのに対し
「安い」は「vil」(ヴィル)というふうに言えました。

実はその言葉は今でも慣用句や諺に残っています。

J’ai acheté ça à vil prix. 
(訳:それを安く買った)は今も言えます。


※編集部注

vil/e:[文]卑しい、下劣な 
à vil prix   非常に安く、捨て値で
C’est vil !  というと「それは下劣だ!」という意味になりますので、注意しましょう。
少しばかり古風に聞こえるので滑稽な印象が生じますが

…むしろそれがいい時がありますね。
機会があればどうぞ使ってみてください!
フランス人は聞いたら必ずビックリしますよ。




イメージ画像です。


☆応援のクリックお願いします☆
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://ensemblefr.com/
 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2018/02/16

Paris近郊の街Meaux(モー)に残る「かつての必需品」

Bonjour !
スタッフMikiです。
先日、パリから東北東へ45kmの場所にあるMeaux(モー)に行きました。

ガロ・ローマ時代の遺跡が今もなお残り、13世紀の建築家・芸術家である
Villard de Honnecourt(ヴィラール・ド・オヌクール)がその『画帳』に図面を描いた

La Cathédrale Saint-Étienne de Meaux
サン・テティエンヌ大聖堂がとても有名ですよね!

その大聖堂へと向かう途中で、あるものを発見しました。


アパートの入り口に何か見えませんか?
写真の下に注目です。
 
両側に金属(鉄?)の輪が見えますよね。

拡大してみましょう!
 
いったいこれは何でしょうか??

フランスといえば、
家に入るときにアレを身につけたままですよね?
 

そうなんです、
靴の裏についた汚れを擦り付けて取るための
金属の輪っかがまだ残っていました!


別のお宅でも見かけました。
 
金属の色も角度違いますね、
家によって様々です。


こちらのお宅では、
郵便ポストの真下にありました。
 
帰宅してポストを開けながら靴の汚れを取る、
一石二鳥タイプでしょうか?

昔は今のように道路が舗装されておらず、
土に覆われていたので、靴の裏がとても汚れやすかったために
家に入る前は靴をこの輪っかに擦り付けて泥汚れを落としていたそうです。

Meauxは歴史が古いだけに、このような「かつての必需品」が
今もなお残っているんですね。

最後にこの輪っか、なんていう名前か調べてみたのですが、
anneau, chaussures, nettoyage, boueなど色々キーワードを入れても
ヒットしませんでした(^^;)

ご存知の方はぜひコメント頂けると嬉しいです!

歴史の名残りが気になる!
という方はぜひクリックお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://ensemblefr.com/
 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2018/02/14

Frédéric先生とのレッスンでモチベーションアップ!

Bonjour à tous !

先日、穏やかで優しいFrédéric先生と

日常会話のレッスンをしましたので感想をシェアさせていただきます。

Frédéric先生はスイス出身のフランス語講師です。

 
写真を見ていただけるとわかると思いますが、
この写真の通りとっても優しく、愛情あふれる方なんです。 

私はここのところ体調を崩していたので、
レッスン受講が久しぶりでした。

予約の際、アンサンブルの場合事前に
色々と細かい要望を講師に伝えることができるのですが、
私は久々の受講ということもあり、

「前回の続き」を選択しました。

しかし、レッスンを予約してすぐに、
「こういうのをレッスンでしたらどうかな」と、
レッスン内容の提案をメールいただき、

親切で気が利いてプロ意識が非常に高い先生なんだ、
とモチベーションが一気にアップしました。

そして待ちに待ったレッスン開始!
レッスンの前はいつもとても緊張してしまうのですが、
画面に映る優しいFrédéric先生のお顔を見た瞬間、
はい、アクセル全開です(私が)! 

レッスン中に私が間違えたフレーズを訂正していただきましたので、
いくつか覚書としてご紹介します。

Ce n’étais pas possible (de) prendre lavion.
「飛行機に乗ることは不可能だった。」
deを入れ忘れたのをしっかり指摘してくれました。

J’étais choquée, mon niveau de français (était) baissé.
 「私はフランス語のレベルが下がったのがショックだった。」
 →étaitavaitと話してしまった。早口になると使い分けを間違えやすいので、
次回要注意!

Je navais pas loccasion d(utiliser) beaucoup de vocabulaire.
「私はたくさんの語彙を使う機会がなかった。」
utiliserparlerと間違ってしまった。
日本にいると沢山の語彙を使ってフランス語を話す機会がないですよね。

 Il (raconte) toujours la même histoire.
「彼は同じ話ばかりする。」

アンサンブル講師は私が間違えた時、
すぐに正解を言わずに、上手にヒントを出して
こちらに考えさせ、気が付かせてくれますので、
理解度と語彙の定着率がすごく高いです。

すぐに正解を言うことは、
講師でなくても誰でもできることなので、
やはり講師ではないフランス人といくら沢山話しても、
フランス語力の上達には限界があるなと思います。

アンサンブル講師とのレッスンレポート、
前回よりかなり時間が空いてしまいましたが、
今後はまた時々アップする予定ですので、
楽しみにしていてくださいね♪

執筆:Miki


 
Frédéric先生のレッスンが気になる!
という方はぜひクリックお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://ensemblefr.com/
 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!
 

2018/02/13

「もしパリに行ったら、マカロンを食べるのを忘れないでね☆」フランス語でどういう?

Bonjour à tous ! 
フランス語講師のDaisukeです。

もうすぐ春休み。
卒業旅行などで海外に行かれる人も多いのではないでしょうか。

「もしパリに行ったら、マカロンを食べるのを忘れないでね」

せっかくパリまで行くのなら、
美味しいマカロンを食べてきてほしい!

今回はいろいろなパターンを用いて
「未来の仮定表現」を学習することができる

「文法62課 仮定1」編

のご紹介です。

一口に仮定表現と言っても、
「時間がある時に、一緒にやりましょう」
「もししっかり練習したら、ピアノをうまく弾けます」
の様に、いろいろなパターンがあります。

このビデオでは、
これらの仮定表現をまとめて学習できるので、
とっても効率よく理解することができます。



早速文法解説をのぞいてみましょう☆
※画像は加工しています。詳しくはビデオでご確認ください。

ここでは、「Si」を使った未来の仮定表現を学習していますが…

いくら未来の仮定表現であったとしても
「Si」を使う場合には絶対にしてはいけないことがある
ようです。

Miwa先生によると、ネイティブのフランス人でも間違えて
使っている人が多いのだそう。

フランス人でも間違えやすい文法規則を
しっかりと身に付けておくこと
は、いざ間違えた表現を使うフランス人と出会った時にも
惑わされることなく、きちんとしたフランス語で話すことができるので、
とっても重要ですね。


文法解説だけではなく、
表現紹介も実際に使用する頻度が高いものばかり☆

まずは無料視聴でビデオ教材の良さを実感してみてください!


次回もビデオ講座の魅力をお伝えしますので、
どうぞお楽しみに!



アンサンブルのビデオ講座が気になる!
という方はぜひクリックお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://ensemblefr.com/
 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!