2016/11/30

【解答】続・同音異語:混同しやすい quand と quant!
【ブログで極めるフランス語Vol.108】

Bonjour à tous, c'est Dany ! こんにちは、Danyです!

Notre énigme de la semaine était la suivante:

今週の謎は以下でしたよね:


Choisissez le terme qui convient dans les phrases suivantes:

下記2つのフレーズを完成させるのに適したものを選んでください:



1) _____ à lui, il arrivera demain.

2) _____ l'hiver arrive, il faut mieux se couvrir !


① Quand  ② Quant



Les réponses correctes étaient.... 正しい答えは…






1) ② Quant à lui, il arrivera demain.

2) ① Quand l'hiver arrive, il vaut mieux se couvrir.


このようになりました、正解できましたか?

下記よりDany先生がフランス語で(すが)分かりやすく解説してくださいます、
ゆっくりじっくりご覧くださいね(^^)

そのうえで、Miwa先生の日本語解説と補足を読んで理解を深めましょう!


Quand est une conjonction de subordination qui indique le temps.

Quant est une locution prépositionnelle, il est obligatoirement suivi de à/au/aux.


Pour savoir lequel choisir, c'est très simple ! 
Il suffit de remplacer le mot par "lorsque"

Par exemple:

1) Lorsqu'à lui, il arrivera demain.

2) Lorsque l'hiver arrive, il vaut mieux se couvrir.

Dans le premier cas, il n'est pas possible de remplacer le mot
Il s'écrit donc "quant".

Dans le second cas, c'est tout à fait possible. Il s'écrit donc "quand".

A la semaine prochaine !  


【日本語解説と補足】

正解の文を(和訳つきで)もう一度書きましょう:

1) ② Quant à lui, il arrivera demain.
  (彼はといえば、明日着くだろう。)

2) ① Quand l'hiver arrive, il vaut mieux se couvrir.
  
(冬が来たら、着込んだほうがいい。)

和訳の面ですでに、意味が大きく違いますね!文法的にはどう違うのでしょうか?

Quand は「~とき」(英語のwhen)を意味する接続詞で、
時間を表します。

一方、
Quant は「~に関しては、~はといえば」を表す前置詞的な熟語で、
必ず前置詞のàを後ろに伴います。

つまり"quant"は単独で使われることはないため、"à"とセットにして

quant à 名詞=「~に関しては」
  
という熟語として覚えてしまいましょう!

発音ですが、quantのtと前置詞àがリエゾンして、
「カンタ」となります。
※「カン」は鼻母音のanであるため、「コン」に近い音です。

Quant à moi(私はといえば)
Quant à lui(彼はといえば)などなど、

対象となる人物や名詞を変えるときによく使われます。
会話でもけっこうな頻度で耳にしますので、ぜひ覚えましょう☆

最後に、quand「~とき」を使ったこの語句、どう発音するかご存知ですか?

Quand il a...

"Quand"のdと i がリエゾンするわけですが、実は、

「カンディではなく、「d」のリエゾンは
「カンティ「T」の音で発音するのです!

Quand elle(カンテル)
Quand on(カントン)といった具合です。


この理由は定かではありませんが、おそらく
「発音のしやすさ」、そして「音の綺麗さ」だと思います。
フランス語ですからね☆彡

…というわけで、最後に quand と quant の見分け方ですが、
Dany先生は

問題となっている単語を"lorsque"に置き換えてみよ、
とおっしゃっていますね。

たしかに、quand と lorsque は同義語ですから、
「~に関しては」という意味のquant à に置き換えられるはずがありません。

それでも個人的に最もシンプルな区別の仕方は、

Quand + フレーズ
Quant à + 名詞 

ではないかなぁと思います。
どちらかご自分に合った方法で上手に使い分けましょう!

それではまた来週♫

解説:Miwa



Quand + フレーズ=「~とき」
Quant à + 名詞 =「~に関しては」

記憶に深~く、刻み付けましょう!

今回のプチ・レッスンもためになったという方、
満足度100%のクリックお願いします(*^^*)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



フランス語文法を独学で極めたい
アンサンブルのビデオ講座をぜひお試しください!
Miwa先生がとことん解説くださいます☆
↓ ↓ ↓
http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2016/11/29

続・同音異語:混同しやすい quand と quant!
【ブログで極めるフランス語Vol.108】

Bonjour à tous, c'est Dany ! 皆さんこんにちは、Danyです!

Comment allez-vous ? いかがお過ごしでしょうか?

Aujourd'hui, nous allons découvrir de nouveaux homonymes qui portent souvent à confusion

今日は、(先週につづき)よく混乱を生じさせる
新しい同音異語を見ていただこうと思います。

Pourtant, leur sens est très différent ! Vous êtes prêts ? Allons-y !

とはいえ、意味は大きく異なるんですよ!準備はいいですか?行きましょう!

Choisissez le terme qui convient dans les phrases suivantes:

下記2つのフレーズを完成させるのに適したものを選んでください:


1) _____ à lui, il arrivera demain.

2) _____ l'hiver arrive, il faut mieux se couvrir !


① Quand  ② Quant





A demain !

クイズの解答と解説は明日公開です、どうぞお楽しみに(^^)



quand, quant
語末のアルファベットだけが違いますね!
どちらかはよく見かけますが、もう一方は何者?

いつも目の付け所が鋭いDany先生に
感謝のクリックいただけると嬉しいです
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



フランス語文法を独学で極めたい
アンサンブルのビデオ講座をぜひお試しください!
Miwa先生がとことん解説くださいます☆
↓ ↓ ↓
http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2016/11/25

パンを巡る諺

Bonjour !アンサンブル講師のMatthieuです。

今日は前回のパンに関する話の続きを書きたいと思います。

さて、お聞きいたしますが、皆様はごはん派でしょうか、
パン派でしょうか・・・それとも、双方でしょうか?

改めて私の話になりますが、
子供の頃は食事の時に必ずパンを食べていました。
(いやむしろ、むさぼり喰っていたと書いた方がふさわしい)

ピザと、ジャガイモピュレーと、
とにかくパン!

父にもよくこう言われてからかわれました 
Tu ne manges que des sandwichs au pain ! 
「君はパン入りサンドイッチしか食べないのかい。」

では、私の好きなパンを巡る諺をご紹介いたします。
本日はまず一つ目ですね。

Avoir du pain sur la planche.はご存知ですか。
直訳:板の上にパンがある。
意味:すること(仕事)がたくさんある。

使い方は例えば
Reposons-nous bien ce soir, car demain nous avons du pain sur la planche !
その意味は「明日はすることがたくさんあるので、今夜はゆっくり眠りましょう。」。

このように、フランスの食生活を支えてきたパン屋さん達は、
フランス語にたくさんの影響を残しました。






Matthieu先生に応援のクリックをお願いします(^^)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
アンサンブルのフランス語ビデオ講座好評発売中♪


フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ


アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2016/11/23

【解答】同音異語:「サ」の音で書き方が3通り!
【ブログで極めるフランス語Vol.107】

Bonjour à tous, c'est Dany ! Comment allez-vous ?

皆さんこんにちは、Danyです!いかがお過ごしですか?

Notre énigme de la semaine était la suivante:

今週の謎は以下(のクイズ)でしたね:

Complétez la phrase suivante avec sa, ça et çà:

次のフレーズを saça そして çàを用いて完成させてください:



___ mère lui dit de regarder par la fenêtre où l'on voyait la neige tomber ___ et là.


Elle dit ensuite: "___ y est, l'hiver est arrivé".




La réponse correcte était… 正解は…





Sa mère lui dit de regarder par la fenêtre où l'on voyait la neige tomber çà et là.


Elle dit ensuite: "Ça y est, l'hiver est arrivé".



sa→çà→Çaという並び順でしたね、正解できましたか?
下記よりまずはDany先生がフランス語で解説してくださいますので、
読解練習を兼ねてじっくりとお読みください(^^)

Miwa先生の日本語解説と補足はその後に続きます、
Dany(フランス語)→Miwa(日本語)の順にご覧くださいね☆


"Sa" est un déterminant possessif et il ne se rencontre que devant un nom.

Astuce: en cas d'hésitation, essayez de le remplacer par "ma"
Si cela fonctionne, alors il s'agit bien du déterminant possessif.

EX) C'est sa maison. / C'est ma maison.


"Ça" est un pronom, il remplace donc un nom ou un groupe nominal. 
Il est aussi possible, pour vérifier sa fonction, de le remplacer par "cela".

EX) La télé ne fonctionne pas ! / Ça ne fonctionne pas ! / Cela ne fonctionne pas ! 


"çà" est un adverbe de lieu. Il est tout à fait unique dans la langue française et ne s'utilise que dans l'expression "çà et là", équivalente à "ici et là".

A bientôt !


【日本語解説と補足】

クイズの正解は(何度も繰り返しますが…)

Sa mère lui dit de regarder par la fenêtre où l'on voyait la neige tomber çà et là.


(彼女のお母さんは彼女に窓の外を見るように言いました、そこでは雪があちこちで降っているのが見えました。)

dire à 人 de 動詞不定形:人に~するように言う
  voir 名詞 動詞不定形:名詞が~するのが見える ex) voir la neige tomber

Elle dit ensuite: "Ça y est, l'hiver est arrivé".
  
(それから彼女は「さあ(ついに)、冬がやって来た」と言いました。)

前半の文を読解するには、知っておくべき熟語や関係代名詞"où"など、
意外に深い知識が必要でしたね。思っていた和訳と同じでしたでしょうか??

さて、「サ」という同じ音を持つ sa, ça, çàの違いですが、
saとçaについては、ほとんどの方がすでにご存知だったと思います。

"Sa" は所有形容詞で、所有者が「彼または彼女」そして
被所有物は女性単数名詞ですね。所有代名詞はバッチリ暗記していますか?

saの後ろには必ず名詞が来る、というのがポイントですが、
万が一迷ってしまった場合は他の所有代名詞、例えばmaなどに置き替えてみましょう。
置き換え後の文が正しければ、この「サ」はsaでOKと言えますね。

EX) C'est sa maison. / C'est ma maison.
 (それは彼(女)の家です。/それは私の家です。)


"Ça" は指示代名詞、男性単数名詞扱いで「それ」を意味します。
前述の名詞や状況などを受け、主語にも動詞の目的語にもなれるため便利ですね!
同じ役割の"cela"と置き換え可能です。

EX) La télé ne fonctionne pas ! / Ça ne fonctionne pas ! / Cela ne fonctionne pas ! 
(テレビが動かないよ!/それが動かないよ!)


さて気になる3つめ、
"çà"ですが、初めて目にされた方は多いのではないでしょうか。
これは場所を表す副詞だそうで、一般には「あちこちに」を意味する副詞表現

çà et là でのみ使われるという、極めて稀な単語です!

もちろん"çà"の発音は「サ」ですが、"a"の上にアクサングラーヴがついていますね、
指示代名詞の"ça"と混同しないように気を付けましょう!

ちなみに、"çà et là"の同義語でよく目にするものとしては
"ici et là"が挙げられますね(^^)

「サ」の音を持つ単語は2つだけにあらず、
"çà"の存在も覚えておきましょう!

解説:Miwa


çàはなんと副詞なんですね!
アクサングラーヴ(accent grave)に要注意☆

またひとつ勉強になったと思われた方、
Dany先生に感謝のクリックお願いします(*^^*)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


所有形容詞(mon, ma, mes...)を完璧にしたい方
ビデオ講座の文法編23をぜひご覧ください!
Miwa先生がとことん解説してくださいます☆
↓ ↓ ↓
http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2016/11/22

同音異語:「サ」の音で書き方が3通り!
【ブログで極めるフランス語Vol.107】

Bonjour à tous, c'est Dany !  皆さんこんにちは、Danyです!

J'espère que vous allez tous pour le mieux.

皆さん全員が良い方へ向かっていれば嬉しいです。

Pour notre petite leçon, j'ai décidé cette fois de vous faire découvrir 
quelques homonymes dont un assez rare. 

今回のプチ・レッスンでは、いくつかの同音異語を見ていただくことにします。
そのうちの1つはかなり稀なんです。

Commençons donc sans attendre ce nouveau quiz:


というわけで、さっそくこの新しいクイズを始めましょう:

Complétez la phrase suivante avec sa, ça et çà:

次のフレーズを sa, ça そして çàを用いて完成させてください:



___ mère lui dit de regarder par la fenêtre où l'on voyait la neige tomber ___ et là.

Elle dit ensuite: "___ y est, l'hiver est arrivé".


A demain !

解答と解説は明日公開です、お楽しみに♪



「サ」という音を持つ同音異語の
sa, ça, çà

一番右の"çà"って初めて見た!という方、
驚きと興味津々のクリックぜひお願いします☆彡
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


フランス語文法を独学で極めたい
アンサンブルのビデオ講座をぜひお試しください!
Miwa先生がとことん解説くださいます☆
↓ ↓ ↓
http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2016/11/21

フランスのパン屋では「食パン」は買えません!?

Bonjoue !
アンサンブル講師のMatthieuです。

日本において「パン」と言えば
「食パン」のことが思い浮かびますね。

その「パン」という言葉ですが、
フランス語の「pain」から
来ているではないでしょうか。
しかし「食パン」自体の由来はフランスではないのです。

「食パン」自体の由来はフランスではなく、

英語圏の国々であるような気がします。

何故かといいますと、
フランスのパン屋に行くと「食パン」は売っていないからです。

おもしろいことに、
フランスで「食パン」が食べたいときは
スーパーに買いに行くしかありません。

何故日本人が「食パン」のことを
「ブレッド」(bread)ではなく、
「パン」と呼ぶのか分かりません。。

そういえば、「食パン」のことをフランス語で
なんというかご存知ですか。
pain de mie」(パン・ド・ミー)ですよね。

さて「mie」というのは「パンの中身」のことです。
つまり、パリパリする、フランス人にとって美しい
外側の「croûte」(クルート)に対して、
「中身だけのパン」だということです!

本日はパンについてのお話でした。







Matthieu先生に応援のクリックをお願いします(^^)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
アンサンブルのフランス語ビデオ講座好評発売中♪


フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!